芸能人の年収

佐藤浩市の年収 驚きの額と時給は300万!?

佐藤浩市さんの年収・時給と父三國連太郎さんとの共演作についてまとめています。

 

 

佐藤浩市の出演一覧とプロフィール

テアトル・ド・ポッシュhttps://www.t-poche.jp/actor.detail/?Id=102

【本名】佐藤浩市(さとう こういち)
【生年月日】1960年12月10日
【出身地】東京都新宿区
【身長】182cm
【血液型】A型

昭和第一高等学校を卒業した後、多摩芸術学園映画学科に入学。
20歳で俳優としてデビューしています。

 

父は三國連太郎

映画.COM https://eiga.com/person/71348/


父親の三國連太郎さんは佐藤浩市さんが小学生の時に離婚しています。


三國連太郎さんから


今日から俺とお前達の人生は終わりだ、これからは二人で頑張って生きていって欲しい 

というようなことを言われているそうです。

親子の間で不仲説があり時々騒がれていましたが、《仲はそこまで悪くない》という見解がネットの中で主流になっています。

三國連太郎さんは2013年4月15日にお亡くなりになられています。

 

出演映画(2018-2019)

出演CM(2018-2019)

  • キャノンマーケティングジャパン
  • 三井住友信託銀行
  • コカ・コーラ『特選 綾鷹』

引用URL:https://www.t-poche.jp/actor.detail/?Id=102

 

以下、キャノンマーケティングジャパンのCMです。

 

佐藤浩市の時給は300万!?年収は1億超え!


ネットに出ている情報によると佐藤浩市のギャラはなんと1時間300万円のようです。

この額は流石におかしいのでは??と疑問を持ちますよね。

ただここで間違えたらいけないのは『ギャラ』ということ。
普通のサラリーマンなら時給数千円で1日8時間労働が基本です。けれど芸能人は1日8時間働かないことも。
1日長く働いても、週で考えたら数時間なんてこともあるかもしれませんね。

この記事で紹介したように、
CM1本で数千万の収入になりますから、芸能人なら時給300万は十分にあり得る額。
という結論になりそうです。

 

 

CMの出演、映画の出演など含め少なくとも年収1億は超えているというのがネットでの見解のようです。


現在所属事務所のホームページをみるだけでも、映画10本、CM3本も出演があるのを確認できます。
こんなに多く出演機会がありそもそも知名度が高い佐藤浩市さんですから不思議なことではないですね。

 

佐藤浩市と父三國連太郎の共演

美味しんぼ


美味しんぼでは佐藤浩市さんが息子である”山岡士郎”役を
三國連太郎さんが父親である”海原雄山”役を演じていたそうです。

原作では山岡士郎と海原雄山はかなり仲が悪いと知られています。
確かに佐藤浩市さんと三國連太郎さんの不仲説が騒がれたこともありますが、実際に共演するほどですからそれほど仲は悪くないはず。

このキャスティングは話題性もありますから、巧みな集客方法だったのかもしれません。実際の親子で臨場感もあったことでしょう。

2018年24日に行われた第43回湯布院映画祭の特集上映「闘う男 九つの貌 佐藤浩市特集」シンポジウムでは、

映画『美味しんぼ』で父・三國連太郎(2013年に逝去)との共演に葛藤があったのでは?

という観客の指摘に

「言われるほどの葛藤はなかったですけどね」

と返答した場面もあったそうです。

参考URL: https://www.cinematoday.jp/news/N0103141

 

まとめ

今回は佐藤浩市さんについて調べました。

父との不仲説も騒がれていましたが、決して中が悪いと私は思えませんでした。

個人的には父も子もとても好印象を与えてくださる方です。

佐藤浩市さんが今後も活躍する姿を見られるのが楽しみですね。